便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

便秘の時は胃酸が減る?|胃酸が減る原因は自律神経の乱れ

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20170207175758j:plain

便秘の時は胃酸が減るの??

と考えていませんか?

便秘の時は胃酸が増えるんですか?減るんですか?


便秘の時は胃酸が減ってるって
知ってましたか?

問題なのは胃酸が減るということは
胃もたれを起こしやすいということなんです。

ということで今回は便秘の時に胃酸が減少する
理由とその対策について書いていきます。

便秘の時に胃酸が減少する理由

胃酸は自律神経によって分泌が調節されています。
しかしストレスが溜まることで自律神経が乱れると
胃酸の分泌が減少してしまい、胃もたれを起こしてしまいます。

また自律神経は腸の運動も司っているので、腸が鈍くなったり
活発になったりして、下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘にも
なりやすいので注意してください。

便秘と胃酸減少を治す方法

睡眠を効果的にとる

自律神経を整えるのであれば、日々の睡眠も
効果的となります。

特に1日7時間以上の睡眠をとり、できれば
22時から寝始めるようにしましょう。

自律神経が整うことで胃と腸のトラブルを
両方解消してくれるため、しっかりと行いましょう。


★食べ物を食べて治す
食物繊維が多い食べ物
玄米、全粒粉、きのこ類、海藻、ごぼう、そば
西洋かぼちゃなど、食物繊維が多い食べ物は
腸の中をゆっくりと進みます。

腸の中を食べ物が進む時は、副交感神経になるので
その時間が長ければ長いほど、副交感神経が優位になる
時間が長くなります。

食物繊維は便秘にも効果がありますので便秘と
胃酸減少両方に効果があります。

★発酵食品
味噌、納豆、漬け物、キムチ、ヨーグルト、乳酸菌など
発酵食品も自律神経を整えるはたらきがあります。
腸内環境も整えてくれるので、免疫アップと便秘にも
効果が期待できます。

★お風呂に入る
お風呂の温度は36~40度が効果的
のぼせるまで入るのはよくありません。
2、3回に分けて入りましょう。

お風呂に入るのは、「食後1時間以上たった時」で
「寝る1時間くらい前にお風呂から出る」というのが効果的です。
夜7時から夕食、8時30分からお風呂、10時頃に寝る。
というのが理想です。

食後すぐのお風呂は体に負担になります。またお風呂から
出て1時間以内に眠りにつけば、睡眠中の副交感神経が
高まります。



★運動する
自律神経を高めるためのおすすめの運動は
ウォーキングです。

ウォーキングは簡単ですし、腹筋も鍛えられます
のでこれも便秘の解消にもつながるからです。

1日30分くらい歩いてみましょう。

やってはいけないこと

便秘と胃酸が減るのを防ぐためにウォーキング
をしているがどうも運動が苦手なので
ウォーキングがストレスに感じること。

ストレスに感じてしまうと便秘を悪化させます
ので無理に行うくらいなら止めましょう。

まとめ

便秘と胃酸減少の対策のためには
まずは規則正しい生活をすることが
大事だと思います。

そうすれば便秘と胃酸減少は改善されるはずです。


広告を非表示にする