読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

ビフィズス菌・乳酸菌・オリゴ糖とは?|3つを一緒に摂るのが1番便秘に効く!

栄養素

乳酸菌とビフィズス菌どちらが便秘に効くの?

と疑問に思っていませんか?

ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖
便秘に一番効果があるのではどれですか?

・便秘に効くのは乳酸菌?ビフィズス菌
ヨーグルトにはどっちが入ってるの?

ビフィズス菌と乳酸菌違いがよくわかりませんよね。
どちらもヨーグルトに入ってるイメージですよね。

問題なのは乳酸菌とビフィズス菌は働く
ということなんです。

ということで今回はオリゴ糖、乳酸菌とビフィズス菌
についてとその役割について書いていきます。

乳酸菌とビフィズス菌について

ビフィズス菌の働き
ビフィズス菌は乳酸以外に強い酢酸を作りだします。
酢酸は強い殺菌作用があるのでこの酢酸には腸内の
phを下げ悪玉菌の増殖を抑えます。

ビフィズス菌は酢酸だけでなく乳酸も生産することが
できるのですが、この酢酸と乳酸は腸のぜんどう運動を
促す働きを持っています。

そのため、ビフィズス菌が正常に腸内にあると、便の排出を
促してくれるのです。

乳酸菌の働き
乳酸菌は乳酸を作りだし腸内を弱酸性に保ちます。
これが悪玉菌にとって非常に困ることで、悪玉菌は
酸性環境では生息しにくいのです。

乳酸菌は、ビフィズス菌が生息しやすい場所を
作り出してくれる大事な役割を担っています。

つまり腸内環境をサポートする大事な脇役ということ。
乳酸菌が不足してしまえば、それに連動してビフィズス菌
生息しづらくなり、結果的に悪玉菌優位の状態に
なってしまいます。

オリゴ糖の働き
オリゴ糖ですが、これは単純に大腸内でビフィズス菌
エサとなってビフィズス菌などの善玉菌を元気にする
働きがあります。

便秘解消には小腸の働きが大事?

ビフィズス菌は大腸の粘膜で善玉菌として働いていますが
乳酸菌はその手前の小腸の粘膜で善玉菌として働いています。

大腸と小腸と働く場所が違いますのでビフィズス菌と乳酸菌は
関係がなさそうですが実は密接な関係があります。

腸の病気では大腸の病気とかはよくありますが
小腸の粘膜に炎症が起きれば正常な血液が
作れなくなったりしますので大腸の環境が
悪化する事はその手前にある小腸の環境が
悪いことが大きくかかわっているのです。



大腸の環境を良くしようと思ったら、その手前の小腸の環境を
良くしなければならないということです。

しかし、小腸を元気にするために外部から乳酸菌を摂っても
3日から4日程度しか腸内に留まることができませんし

相性が良い乳酸菌でも2週間程度しか留まってはいられません。
ですから、小腸内の環境をよくするためには、乳酸菌を継続して
摂り続ける必要があるのです。



乳酸菌を摂り続けるにはどうしたらいいか?
まず、一番簡単な方法は乳酸菌サプリメント
摂取する方法です。

しかし、先程も言ったように外部から摂った
乳酸菌は3日から4日で体外に排出されてしまいます。

ですから、一番大事な事は小腸内の常在菌を増やすための
良いエサを与えると言う事になります!

そのためには、日頃から食事に気を付けるという基本的な
ことが大事になってきます。

バランスの良い食事とは、基本的には穀物をしっかり
食べるのが良いと言われています。

穀物と言ってもご飯だけではなく、豆類やイモ類
カボチャなどの穀物全体を種類多く食べる事が大切です。

あとは、発酵食品を種類多く食べたり、野菜、海藻類
根菜類加えて小魚なども一緒に食べるとカルシウムも
摂れてオススメです。

そんなバランスの良い食事に加えて、乳酸菌生産物質を
一緒に摂る事がオススメです。

乳酸菌生産物質は、「乳酸菌代謝産物」とも言われ、主に
ビフィズス菌や乳酸菌等によって作られており、腸内環境を
正常に保ち、免疫などにも影響をあたえながら、私たちの
健康を守っています。

やってはいけないこと

お肉などの動物性たんぱく質をたくさん摂ること。
動物性蛋白質は悪玉菌を増やすことになりますので
便秘を悪化させるのでよくありません。

まとめ

ビフィズス菌と乳酸菌オリゴ糖は別々に摂るより
すべてを一緒に摂る方が便秘解消になります。

この3つをバランスよく摂って便秘を解消しましょう。

広告を非表示にする