便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる?|腸が黒くなると病気の原因になる?

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20170211154548j:plain

便秘薬を飲みすぎると腸は黒くなるの?

と悩んでいませんか?

・便秘薬は腸が黒くなると聞きますが
服用を止めたら元のきれいな腸に戻りますか?


・便秘薬で黒くなった腸は再び綺麗になりますか?

便秘薬を飲むと腸が黒くなるなんて
びっくりですよね。

問題なのは黒くなってしまった腸は
腸内環境が悪化しているので様々な
病気のリスクを高めてしまうということなんです。

ということで今回は便秘薬を飲みすぎると
腸が黒くなる理由と治し方について
書いていきたいと思います。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる理由

市販の便秘薬の大半を占める「大腸刺激性下剤」
ダイオウ、センナ、アロエなどの成分の下剤)


の常用によって、大腸が色素沈着を起こして
真っ黒に変色している状態を
「大腸メラノーシス」と言います。

刺激性下剤は腸に無理やりぜん動運動
させる薬です。

腸も自分のペースで動きたいのに薬で
無理やり動かされているので
疲れてしまうんです。

腸に限らず内臓はすべてそうですが
働かされすぎると疲労して機能を
低下させます。

特に腸はキツイ成分で激しく動かされるので
続けていると腸の機能を保つ神経系まで
疲労します。

こうなってしまうと腸は便秘薬なしでは
動かなくなります。

この負のループで飲む量を増やさないと
出なくなってきます。

便秘薬を飲まないと出ないので便秘薬を
飲むことを止めることはできません。

こうしてずっと使い続けていると腸の
キャパを超えて色素沈着を起こします。
これが大腸メラノーシスになる仕組みです。

大腸メラノーシスの危険性

大腸メラノーシスの症状そのものがポリープや
大腸がんなどを引き起こすという、科学的な
証明は取れていません。

医師や学会の間でも結論が出ていないのが現状です。
しかし、大腸メラノーシスをおこしている腸は
アントラキノン系下剤の刺激によって機能が低下しています。

大腸メラノーシスは腸の健康が保てていないことの
証明でもあり、腸内環境の悪化が様々な病気の
リスクを高めると考えられています。

大腸メラノーシスになったからといってすぐに
大きな病気になるとは言えませんが、長い目で
見て良いことはないのはあきらかです。

大腸メラノーシスを治すには

大腸メラノーシスは「アントラキノン系下剤に
よる可逆的な色素沈着」です。

つまり、アントラキノン系下剤の常用を
やめれば、数ヶ月から1年ほどで改善します。

毎日下剤を飲まないと排泄ができないほどの
深刻な下剤依存になっている場合、自己判断で
急な断薬を行うことはかえって危険です。

専門医の指示のもと、食事療法や運動療法
組み合わせて生活環境を改善し、徐々に
治していくようにしましょう。

やってはいけないこと

大腸メラノーシスの危険性が分ってないからと
便秘薬を飲み続けること。

便秘薬を飲み続けると鬱や不整脈などの
病気を引き起こしてしまいます。

まとめ

大腸メラノーシスは大きな病気になると
いうわけではありませんが、便秘薬を
飲み続けると効かなくなり大変なことに
なりますので便秘薬を飲み続けるのは止めましょう。


広告を非表示にする