便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

オリゴ糖は便秘に効くはずが|便秘に効かなくなったびっくりな事実とは

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20170207175758j:plain

オリゴ糖って本当に便秘に効くの?

と悩んでいませんか?

> オリゴ糖の効果的な摂取方法は?
> オリゴ糖は便秘に効果がありますか?
> オリゴ糖にも耐性とかついてしまうのでしょうか?

オリゴ糖は便秘に効くと有名ですよね。
でも効かない場合もあるようなんです。

せっかく便秘解消のためにオリゴ糖を摂っていても
便秘が解消されなかったら意味がないですよね。

ということで今回はオリゴ糖が便秘に効かない理由と
便秘にオリゴ糖が効くようにする方法を書いていきたいと
思います。

この記事を読めばオリゴ糖で便秘が解消できる
ようになりますよ。

便秘にオリゴ糖が効かない理由

オリゴ糖が便秘に効かない理由は腸内停滞期
だからです。

腸内環境停滞期とは腸内バランスが崩れてしまっている
時期のことです。

オリゴ糖は善玉菌を増やしますが善玉菌が増えると
今度は悪玉菌も減らないように頑張りだします。

悪玉菌が善玉菌にやられないような耐性を持ってしまうと
善玉菌よりもパワフルになってしまい、その結果、腸内バランスが
崩れてしまうのです。

すべての人に発生するわけではありませんが
起こりうるものです。

オリゴ糖が便秘に効くようにする方法

腸内環境停滞期を抜けだす
オリゴ糖の効き目が薄れてきた場合は、飲む時間や量
飲み方を変えてみるのがいいでしょう。

朝飲んでいた人は昼や夜に、1日1回だった人は2回に分ける
という方法です。

量については数日、量を半分にし、次の数日で倍の量を
飲むといった方法もあります。

まず量を減らすことで悪玉菌を油断させ、パワーを
弱めておきます。

次に倍の量を飲むことで善玉菌は、油断している悪玉菌よりも
上位に立つことができます。
オリゴ糖の種類を見直す
飲んでいて効かなくなったのではなく最初から効き目を
感じられないのならオリゴ糖の種類が合っていない
可能性があります。

大切なのは難消化性のオリゴ糖であることです。
その上でオリゴ糖の純度が高く人工的な添加物が
あまり入っていないものを選びましょう。

スーパーなどで売っているオリゴ糖は人工的な添加物
が多く純度が高くないのであまり効果はないので
おすすめできません。
オリゴ糖と他のものも合わせて摂取する
オリゴ糖は善玉菌の餌になり、善玉菌を増やし
その結果便秘解消に役立ちます。

オリゴ糖そのものは便秘に効果はありません。
オリゴ糖が腸内に届いたときにビフィズス菌のえさに
なるのです。

その結果として腸が活性化して便秘対策になる
ということです。

つまりビフィズス菌を含む食べ物と合わせて摂取することで
効果が表れます。

要するにヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・キムチなど
といった乳酸菌含んでいる発酵食品も一緒に食べれば
さらに効果があがります。

やってはいけないこと

オリゴ糖を摂取するのを止めること。
オリゴ糖を摂取するのを止めてしまうと
すぐに悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなって
しまいます。

まとめ

オリゴ糖単体を摂るだけではなく、乳酸菌や
食物繊維なども一緒に摂るようにして便秘を
解消するようにしましょう。

広告を非表示にする