読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

乳酸菌は便秘に効かない?|便秘に効かない衝撃の3つの原因と対策

スポンサードリンク

8ff0a63ad0384b250562f8b4b06dd7d5_s.jpg

乳酸菌って本当に便秘に効くの?

と悩んでいませんか?

・肌荒れを解消する為に、乳酸菌のサプリメント(FK-23)を飲んでいるのですが、 このサプリメントを飲むと、お腹が張って仕方ありません。 ・ヨーグルトで便秘になってしまう方っていますか?

便秘解消にはヨーグルトなどの乳酸菌がいいって よく聞きますよね。 なのに乳酸菌が便秘に効かないという話もちらほら 聞こえてきます。 せっかく便秘解消のために乳酸菌を摂っていても 便秘に効かないなら意味がないですよね。 ということで今回は便秘に乳酸菌が効かない理由と を書いていきます。 この記事を読めば乳酸菌が便秘に効かない理由が 分かり便秘に効果的な乳酸菌を摂ることができますよ。

乳酸菌が便秘に効かない理由

乳酸菌が便秘に効かない理由は下記が 考えられます。 ★乳酸菌の量が効果的じゃない 使用している乳酸菌の量が便秘対策として効果的な種類じゃない 事が考えられます。 ひとことで「乳酸菌」と言っても、いろいろな種類の乳酸菌がいて 便秘対策として素晴らしい働きが期待できる乳酸菌もいれば 便秘対策としてはイマイチな働きしか期待できない乳酸菌もいます。 もちろん、便秘対策として適した乳酸菌を摂ったとしても、人それぞれ 乳酸菌との「相性」もあるので、一概に「○○の乳酸菌を摂れば誰でもOK」 とは言えません。 しかし、「乳酸菌はどれも同じ」ではなく、種類によって全然ちがうものなので 便秘対策を目的としているのであれば、まずは便秘にふさわしい種類の 乳酸菌を選ぶ必要があるのです。 乳酸菌の中でもやはりスッキリを実感しやすいものもあれば、ほとんど 実感できないものもあり、乳酸菌の種類によって効果が大きく異なります。 ★乳酸菌の量が足りてない 摂取する乳酸菌の量が十分でなく、不足しているからだと考えられます。 一説によると、摂取した乳酸菌が有効に作用するためには 「1日あたり1兆個以上の乳酸菌を摂取することが必要」だと 言われています。 しかし、その基準で考えた場合、一般的なヨーグルトや乳酸菌飲料 だけでは、それだけの乳酸菌の数を摂取することは厳しいのです。 例えば、某メーカーのプレーンヨーグルトには、450gあたりに20億個 程度の乳酸菌が含まれていますが、そのヨーグルトで1兆個の乳酸菌を 摂取しようと思ったら1日あたり500個も食べなくてはいけない計算になります。 450gのヨーグルトを1日に500個も食べるというのは、さすがに難しいですし さらに少なく見積もって10分の1の量が必要だとした場合でも、1日あたり 50個ものヨーグルトを食べる必要があることになります。 つまり、ヨーグルトだけでは乳酸菌を十分に摂ることができない というわけです。 ★体が慣れてしまう ヨーグルトや乳酸菌が便秘に効かない原因の4つ目は、同じ乳酸菌を 摂り続けることで体がだんだん慣れてしまうということが 考えられます。 乳酸菌も便秘薬と同様にずっと使い続けていると体が慣れてきてしまい しだいに思ったような実感が得られなくなってきたという経験を している人は少なくありません。 乳酸菌は便秘薬とは違い副作用はありませんので安心ですが 使い続けると効果を感じにくくなるのは同じです。

便秘に効果が出る乳酸菌の摂り方

優れた乳酸菌を選ぶ 便秘に効果的な乳酸菌の摂取方法として重要なポイントの1つ目は 優れた乳酸菌を選ぶことです。 乳酸菌の中にも、腸内環境を改善するためにバリバリ働いてくれる 優秀な乳酸菌もいれば、腸の中に入った時にイマイチ思ったように 働いてくれない乳酸菌もいるというイメージです。 したがって、どんな種類の乳酸菌を選ぶかによって摂取した時の 実感に差が出てくるので、腸内環境を改善するためには優れた 乳酸菌を厳選して摂取することが大切です。 ★大量の乳酸菌を摂取する 便秘に効果的な乳酸菌の摂取方法の2つ目は、乳酸菌を効率よく大量に 摂取することです。 少しの量だけの乳酸菌の摂取で実感が得られなくても、大量の乳酸菌を 摂取することで実感できる可能性が高まります。 ★乳酸菌を飲み分ける 便秘に効果的な乳酸菌の摂取方法の3つ目は、乳酸菌をローテーション して飲み分けながら摂ることです。 どんなに優れた乳酸菌であっても、何度も繰り返し摂取しているうちに しだいに体が「慣れ」てしまい、使い始めたころに感じられたスッキリ感が いまいち感じられなくなってしまう場合があります。 そこで、一種類の乳酸菌だけにかたよって、同じものをくり返し 摂り続けるのではなく、複数の違った乳酸菌を一定の期間ごとに ローテーション(交代)で摂るようにします。 こうすることで、体が乳酸菌に「慣れる」ことをさけて、常に良い状態を キープしやすくするという考え方です。 ★乳酸菌をサポートするものを併用する 便秘に効果的な乳酸菌の摂取方法の4つ目のコツは 乳酸菌と相性が良く乳酸菌のパワーをより 発揮しやすくしてくれるものを同時に併用する摂取方法です。 そうすることで「個人戦」ではなく「団体戦」で腸内環境の 改善をしていくことが可能になります。 最近では、乳酸菌をさらにパワーアップさせたり、より乳酸菌が 働きやすくしてくれる便利なサプリメントなどが開発されているので それらを必要に応じて活用していくということです。 この方法をとると、乳酸菌を単体で使うよりもコストがかかって しまうのがネックですが、同時に併用していくことで相乗効果が 期待でき、乳酸菌だけを単独で摂取するよりも、さらなる 腸内環境の改善や即効性も期待できるようになります。 つまり、乳酸菌サプリメントがおすすめということ になります。 併用するならオリゴ糖サプリメントがおすすめ ですよ。

やってはいけないこと

他の乳酸菌を探すのが面倒だからと 効果が感じられなくなっても今のものを 摂り続けること。 効果が感じられなくなった乳酸菌を 飲み続けても意味がありませんので 効果が感じられなくなったら違う乳酸菌を 摂るようにしましょう。

まとめ

便秘に効くと言われている乳酸菌も摂り方を 間違えると便秘に効かなくなってしまいます。 せっかく摂るのですから便秘に効果的に摂るように 心がけましょう。

広告を非表示にする