読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

お酒を飲むと便秘が解消できる?|飲みすぎると便秘を悪化させる

スポンサードリンク

5f6f111f408dd5127a4fccb7d54e4c9e_s.jpg

お酒で便秘が解消できるの?

と気になってませんか?

便秘の日が続いた時にお酒を飲んだりすると よく便が出ます。これは何故ですか? ・深酒は便秘解消に良くないですか? ・アルコールで便秘になったりしますか? お酒で便秘が解消できるなんて酒飲みには うれしい話ですよね。 では、便秘解消のためにお酒をガンガン飲んで いいかというとそういうわけではありません。 何が問題かって飲みすぎると下痢になったり 便秘が悪化したりすることです。 ということで今回はお酒で便秘が解消する理由と 下痢や便秘にもなる理由を書いていきます。 これを読めばお酒で便秘が解消できて 飲酒後の便秘や下痢から解放されますよ。

お酒で便秘が解消できる理由

お酒はストレス解消や血行促進に役立ち 水分補給になります。 アルコールは胃も吸収されますが、小腸へも 流れ込むので腸の動きが活発化し、翌朝のトイレへと つながることが多いようです。 なのでお酒で便秘が解消されるというわけです。 ただし、これはこれは適量を飲んだ時の場合です。 適量とはビール瓶では中ビン1本(500ml) 缶チューハイであれば1.5本です。

便秘解消効果の高いお酒

便秘解消効果が期待できるお酒はビールやチューハイ などの炭酸系です。 ビールやチューハイなど炭酸入りのお酒なら、アルコールの 刺激と炭酸の刺激2つの異なる刺激感で、より腸の蠕動運動が 活発になり排便がスムーズになると言われています。 もしお酒が苦手なら、無理にお酒を飲まなくても炭酸飲料でも 効果が期待できます! アルコールの効果は得られませんが、炭酸による刺激を利用して 便通を良くすることができますよ。

お酒の飲みすぎはNG!

お酒を飲みすぎると、その刺激で胃腸が荒れます。 飲みすぎた時に下痢をしがちなのは、アルコールで 弱った腸が便の水分を吸収できず、水分が大量に 含まれたまま排出されるからです。 とくに炭酸ガスは胃腸を刺激するため、ビールを大量に飲むと 下痢をする人が多いようです。 便秘の人は痔を患いやすいのですが、過度の飲酒は アルコールの刺激で痔を悪化させます。 その結果、いきむのが怖くなって排便が出来ず、便秘も 悪化します。

お酒で便秘にもなる理由

アルコールは、飲み始めは利尿作用が働きますが 時間と共にアルコールが組織に入ると、血管の外側に 水分が引っ張られ、結果、むくみが起こり、血の巡りも悪くなります。 すると身体が水分補給しにくい状態となるのです。水分補給が うまく出来なければ、もちろん便秘になりますし、飲み過ぎで 大腸に熱がこもることでも便秘になる場合もあります。

やってはいけないこと

深酒特に寝る前の深酒。 深酒は下痢や痔を悪化させます。 それに寝る前のお酒は睡眠が 浅くなってしまいます。

まとめ

お酒を飲むことで便秘が解消できますがそれは適量を 飲む場合です。 大量に飲むと下痢や痔の悪化を引き起こしますので 適量を飲むようにしましょう。

広告を非表示にする