便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

食物繊維とは何か?|食物繊維の便秘における役割とは?

スポンサードリンク

9f2dcadae1b26fbf06120d5b27d0205e_s.jpg

食物繊維って何?

と言われて答えられますか?

食物繊維とは 何ですか ? ・食物繊維とは、どんな食べ物ですか。 ・食物繊維は栄養素でもないのになぜ体にいいんですか?

食物繊維が便秘にいいというのはよく聞きますが 食物繊維が何かと聞かれると答えられませんよね。 ということで今回は食物繊維とは何かと便秘における 食物繊維の役割について書いていきます。 この記事を読めば食物繊維について知ることができ 食物繊維の便秘における重要性が分かりますよ。

食物繊維とは何か

食物繊維は食物に含まれる成分のうち 人の消化酵素では消化できない成分で 水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける 水溶性食物繊維があります。 不溶性食物繊維は、腸の中で水分を吸収して ふくらむことで腸壁を刺激し、腸の蠕動運動を 高めます。 不溶性食物繊維セルロース玄米、大豆 ごぼう、キチン・キトサンはキノコ類ペクチンキャベツ、みかん、りんごなどに豊富に含まれています。 水溶性食物繊維は腸内で水分を含むとヌルヌルした ゲル状になり、有害成分を吸着して排出します。 腸内の善玉菌を増やす効果もあり、高い整腸作用が あります。 水溶性食物繊維のフコダインやアルギン酸は海藻類 グルコマンナンこんにゃくコンドロイチン硫酸は オクラ、やまいもなどに豊富に含まれています。 なお、食物繊維コレステロールの吸収をうながしたり 糖尿病、高血圧、肥満を予防する効果もあり、 生活習慣病予防のためにもぜひ接種したい栄養素です。

食物繊維の便秘における役割

食物繊維の便秘における役割は 下記のようになります。 ★腸内環境の改善 腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことだけでなく 大腸内を酸性に保つことが大切です。 食物繊維は大腸内で善玉菌のエサとなり善玉菌を 増殖させるほか、乳酸や酢酸などに代謝させることで 大腸内を酸性に保つことができます。 ★排便を促進し、便秘を解消 便のかさを増やすことにより、腸の蠕動運動を促し 便意を刺激する働きがあります。さらに、便を ほど良い硬さにして排便をスムーズにします。 ★コレステロールの吸収抑制 食物繊維は、腸管内でコレステロールと胆汁酸を吸着して 便と一緒に排泄することで血中のコレステロールを 低下させる働きがあります。 ★血糖値の急激な上昇を抑制 食物繊維は胃の中で水分を含んで膨らむと粘度が高くなり ネバネバした状態になります。 この性質によって、胃で分解・消化された食べ物を 小腸へ押し出すスピードをゆるやかにします。 食べ物がゆっくり送られることで、小腸での糖の吸収も ゆるやかになり、血糖値の急激な上昇を抑制。 インスリンの分泌も穏やかになるため、糖尿病の予防に つながります。

食物繊維を摂るうえで注意したいこと

不溶性食物繊維ばかりを摂ると便秘が悪化する 場合があります。 不溶性食物繊維を摂りすぎると便が固くなり 便が出にくくなる可能性があります。 なので不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は セットで摂るようにしましょう。 不溶性食物繊維:水溶性食物繊維を 2:1の割合で摂るのがおすすめです。

まとめ

食物繊維が便秘にとても重要なのが よく分かりますよね。 便秘以外にも生活習慣病の予防効果もあるので 健康のためにも毎日摂るようにしましょう。

広告を非表示にする