読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

発酵食品が便秘に効く|便秘に効く簡単な発酵食品の食べ方

スポンサードリンク

3e8c15ba50a02e9b43b473b1f0c177d8_s.jpg

発酵食品は便秘解消にいいの?

と悩んでいませんか?

・発酵食品を多く摂取している人は殆ど摂取していない人に比べて やはり便秘になりにくいですか? ・朝に納豆とヨーグルトと牛乳を食べ飲みしました。 発酵食品オンパレードってどうなんでしょうか? ・本当に発酵食品は便秘に効くの? 発酵食品が便秘解消にいいというのはよく聞きますよね。 でも便秘にすぐ効くかというとそれは正直疑問です。 なぜなら発酵食品を食べたからと言ってすぐ便が出るとは 限らないからです。 ということでなぜ発酵食品が便秘解消に効果があるのかに ついてと便秘解消の発酵食品の最高の食べ合わせに ついて書いていきます。 この記事を読めば発酵食品がどれだけ便秘解消に大切かが 分かり、発酵食品の最高の食べ合わせが分かればますます 便秘解消に近づくことができますよ。

発酵食品が便秘にいい理由

腸内環境をよい状態に保つには、善玉菌を増やして 悪玉菌の繁殖を抑えることが重要です。 腸内環境を整える食品に、発酵食品があります。 たとえばヨーグルトは発酵食品です。 発酵食品はカビ、酵母、細菌など発酵菌の働きにより 作られたものです。 発酵によってつくりだされた酵素などの成分に、善玉菌を 増やして悪玉菌を排除し、腸内環境を整える作用があります。 ちなみにビールを発酵させるビール酵母は、食物繊維も豊富で 腸に有効な働きをするといわれ、粉末状のサプリメントとして 商品化されています。 漬物やキムチは植物性乳酸菌、みそ・しょうゆは麹菌、酢は酢酸菌 納豆は納豆菌、パンは天然酵母イースト菌を使った発酵食品です。 さらに、KW乳酸菌、LG乳酸菌、ラブレ菌といった、病気の予防効果が 高いとされる特定の乳酸菌を使って発酵させたヨーグルトや乳酸菌飲料 もあります。 たくさんの発酵食品を上手に食事に取り入れるようにしましょう。

発酵食品の最高の食べ合わせは?

発酵食品の最高の食べ合わせは納豆+キムチです。 の2つは両方とも発酵食品で、お腹の調子や便秘対策を 考えているのなら普段から食べてほしい食品の組み合わせです。 納豆は日本の代表的な健康食材としておなじみです。 代表的な効果としては納豆に含まれているナットウキナーゼは 血液をサラサラにする効果などがあります。 また血管にまつわる病気やトラブルの予防になるとして 重宝されています。 納豆は発酵食品でありながら乳酸菌は含まれていませんが 納豆菌が含まれていて乳酸菌と他の善玉菌のエサになって それらを増やす働きがあります。 なので、納豆だけ食べるより、腸内の善玉菌を増やす 食べ合わせを考えることによって納豆菌の効果を 引き出すことができます。 キムチは韓国の伝統的な発酵食品です。こちらにはちゃんと 乳酸菌が含まれています。 白菜などの野菜などに含まれる不溶性食物繊維と一緒に 乳酸菌を取ることができるので、腸内環境を良い状態の するための役に立ってくれます。 納豆とキムチの2つの食べ合わせは乳酸菌+納豆菌と 納豆とキムチの両方に含まれる食物繊維によって 腸内環境を良くするのに最善の組み合わせです。 しかも両方とも手に入りやすいく手軽に食べることが できます。

やってはいけないこと

毎食納豆キムチを食べること。 納豆キムチはカロリーが結構高いですので 毎食食べると太ってしまう可能性があります。 3食のうち1食に取り入れれば十分です。

まとめ

発酵食品は腸内環境をよくしてくれます。 腸内環境がよくなれば便秘が解消されますので 発酵食品は毎日食べるようにしてくださいね。

広告を非表示にする