便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

咀嚼と便秘の関係は?|咀嚼回数30回で便秘解消と健康になれる

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20161231010017j:plain

咀嚼回数が多いと便秘が解消するの?

と悩んでいませんか?

・咀嚼と便秘って、何か関係があるのですか?
・便秘はよく噛むことにより、解消しますか?

咀嚼と便秘って関係があるのですね。
しかも、便秘以外にも咀嚼回数が多いと
体にいいことがあるようなんです

ということで今回は咀嚼回数と便秘の関係と
咀嚼回数は何回がいいかについて
書いていきたいと思います。

この記事を読めば咀嚼回数と便秘の
回数について分かり
たくさん噛むことの重要性が分かりますよ。

咀嚼回数と便秘の関係

食べ物を細かくし消化時間を短縮する
胃や腸に食べ物が運ばれる際に大きいままだと
消化に時間がかかってしまいます。

そのため、咀嚼回数が少ないとそれだけ
消化にかかる時間は長くなってしまい
外へ排出されるまでの時間も必然的に
長くなってしまうわけです。

その状態が長くなるだけ便秘になる
可能性は高まります。
或いはその状態そのものが便秘かもしれません。

胃腸への水分供給
咀嚼の回数が増えることで食べたものに水分を
含ませることが出来ます。

つまり、食物に唾液の唅量が増し胃や腸に
留まっている老廃物や不要なものを
スムーズに排出するのに役立つというわけです。

咀嚼回数は何回がいいか

咀嚼回数の目安は、20~30回になっています。
基本的に、1口30回が理想的な咀嚼回数と
言われているのです。

1口に30回もかむなんて考えられないと
思いますが、自分は1口にどのくらい
かんでいるのか調べてみると良いでしょう。

1口が大きい割りによく噛んでいない人は
注意しなければなりません。

最初は大変ですが、1口かむ回数を
意識すれば自然と増えます。

それでも難しい場合は、1口を小さめに
してください。

1口サイズを小さくすると、かむ回数も
増えやすくなりますよ。
味わって食べるように心がけるだけでも、
咀嚼回数を増やすことができるでしょう。
ぜひ試してみてくださいね。

やってはいけないこと

噛む回数を数えるのがめんどくさいからと
噛む回数を数えず適当に噛むこと。

噛む回数が少ないと消化しにくくなり
胃腸に負担がかかるのでよくありません。

まとめ

咀嚼回数を30回にすると便秘を解消できる
だけではなく、満腹感を得られるので
ダイエットや虫歯・がんも予防できます。

たくさん噛んで健康な体を手にいれましょう。