読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

腸もみで便秘解消|腸もみのやり方は?

便秘解消法

スポンサードリンク

569272.jpg

便通を解消する腸もみのやり方が分からない!

と悩んでいませんか?

お勧めの腸もみがあれば、教えて下さい。 便通が良くなるといわれている腸もみマッサージのやり方を教えてください。 腸もみってどうやるのですか?

腸もみっていってもいろんな方法がありますもんね。 どれをやればいいのか悩んでしまいますよね。 ということで今回は便秘に効果のある腸もみのやり方 について書いていきたいと思います。 是非参考にしてみてください。 大切なことは正しい方法で行うことです。 腸もみを正しいやり方で行えば便秘が解消されます。 ただし間違ったやり方でやると腸をいためてしまいますので 気を付けてくださいね。

便秘を解消する腸もみのやり方その1

①朝起きる前や、夜寝る前などの仰向けの状態で 右骨盤の内側上→右肋骨の下→おへその上→左肋骨の下 →左骨盤の内側上を利き手を下にして重ね、各5秒、2~3周押す。 ②お風呂など、体の滑りが良い時に、おへその周りで「の」の字を かくようにぐるぐるマッサージ。※肩胛骨下、体の真ん中あたりに カイロを貼ってあたためると、胃腸の動きが活発になります。

便秘を解消する腸もみのやり方その2

おへそからまっすぐ上3~5センチのところに手のひらの中央が 来るようにします。 次に、腰の右の部分(あなたから見て右です)から左へ流れるようにして 手のひらで力を入れすぎないように押します。腰の左側まで行けたら。 それを2~3回程度繰り返します。 ここでお腹からゴロゴロと音がしたら上手く腸が働いているという 証拠です。ここでの注意は6回も7回もやりすぎない事。腸に負担が 掛かってしまいます。これを1日に3~4セット行ってください。

便秘を解消する腸もみのやり方その3

右の腰骨の脇と左の肋骨の下当たりをつかむように揉む。 気持ち良い程度の強さで3分間揉む。柔らかくいたわるように揉む。 腸は温めると動きが良くなるので、お風呂の中でこの大腸もみをすると より効果が期待できます。 お腹が痛いときは控えてください。お風呂の中でなくても、起きた時や ベッドの中などどんな場所でも効果が期待できます。

まとめ

今回は便秘に効果のある腸もみのやり方を 紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 便秘を解消したいからとついぎゅうぎゅう押してしまいがちですが 優しく痛くない程度にもむようにしましょう。