便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

ヨガで便秘を解消したい|ヨガは便秘に効くのか?

スポンサードリンク

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s.jpg

ヨガは便秘に効果があるのか?

・ヨガをやると便秘治るんですか? ・ヨガってひどい便秘にも効きますか? ・ヨガをやりたいのですが初心者なので何をすればいいのか分かりません ヨガをやったら本当に便秘に効果があるのか気になりますよね。 なぜなら便秘を解消するためにヨガをするのに 便秘が解消されなかったらお金と時間を無駄に した気になるからですよね。 ということで今回は本当にヨガが便秘に効果があるのかに ついて書いていきます。 これから便秘解消のためにヨガを始めたいと思っている方は 是非参考にしてみてくださいね。

ヨガが便秘に効果があるわけ

便秘の原因の1つが自律神経の乱れです。 自律神経は消化器官の動きをつかさどっています。 そして、腸の働きを活発にするのは副交感神経です。 交感神経と副交感神経はそれぞれ1:1の割合で働くのが 理想と言われています。 しかし、自律神経が乱れると交感神経が優位になってしまい 腸の働きが鈍り、便秘になりやすいのです。 人間は常に息を吸ったり吐いたりの呼吸を繰り返ししていますが 無意識に行っていた呼吸を意識的に行うヨガによって交感神経と 副交感神経のバランスを整えることがある程度可能になります。 ヨガの呼吸を行うと血流が良くなり副交感神経が活発化するので 便秘に効果があると言われています。

初心者でもできる!朝晩たった2分の「腸ヨガ」のやり方

朝行うヨガ (1)マーメイドのポーズ 1.横向きに寝て下の腕を伸ばし頭を乗せる 2.ウエストおしり内ももを締めながら脚を上げる 3.脇腹に効いているなと感じるところまで脚を上げる 4.5回呼吸する 反対側も行う (2)ヨットのポーズ 1.脚を伸ばして座り片足を立てる 2.立てた膝に肘をかける 3.5回呼吸する 夜行うヨガ (1)猫のポーズ 1.脚は肩幅ぐらいに開きよつんばいになる 2.手を前に伸ばして頭を下げ床におでこをつける 3.5回呼吸する (2)バッタのポーズ 1.うつ伏せになり両手を後ろで組む 2.肩と脚を上げる 3. この体勢のまま5回呼吸する 4.組み手をはずしてリラックスする 呼吸は鼻から吸って口から吐くように して行いましょう。

他に便秘に効くヨガのポーズ

「弓のポーズ」 1.うつ伏せになります。 2.膝を曲げて両手で両足首をつかみます。 3.息を吸いながら上体を反らしていきます。 4.一番反った状態で静止し、2、3回自然呼吸をします。 5.息を吐きながら足を下ろします。 弓のポーズは、お腹に全身の体重がかかるので腸に刺激が与えられ 腸のぜんどう運動が活発化して便通が良くなり、便秘解消に非常に 効果的です。 「イヌのポーズ」 1.肩幅に広げて手を床につき、足は腰幅に開きまっすぐ伸ばします。腕立て伏せのような状態です。 2.鼻からゆっくりと息を吸ってお腹を膨らませていき、上体を反らします。 3.今度は口から息を吐きながらお尻を高く持ち上げます。 これを10回くらい繰り返しましょう。このポーズによって 腸の動きが促進され、便秘解消に効果があります。 すべて画像がないので分かりにくいと思いますが youtubeなどの動画で調べれば出てきますので 見てみてください。

ヨガをするとどういう未来が待っているか

・便秘が解消される ・ストレスが解消される ・肌がきれいになる ヨガを行うことで自律神経が整いますので便秘やストレスが 解消されるのはもちろん、便秘は肌荒れの原因でもありますので 便秘が解消されたら肌がきれになること間違いなしです。 ただし、ヨガを毎日やるのが面倒だからたまにしかしなかったり 書かれた通りのやり方できちんと行わないと効果が半減され なかなか便秘が解消されなくなってしまいます。

まとめ

今回はヨガは便秘に効果があるのかということを 書いてきましたがいかがだったでしょうか? ヨガというといろんなポーズがあり難しそうなイメージ でしたが今回のヨガは4つしかポーズがなくどれも そこまで難しそうではなかったのでやりやすいと 思います。 是非ヨガをやって便秘とストレスを解消しましょう。

広告を非表示にする