便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

ランニングで便秘解消|ランニングと便秘の関係は?

スポンサードリンク

33be5b0e938f88fcd553b0deafad8c2e_s.jpg

便秘を解消したい!

ヨーグルトを食べても食物繊維を摂っても便秘が解消できない。 こういう悩みはありませんか?確かにこれらを食べることも大事ですが 運動不足も便秘の原因なので運動してみませんか? 今回はランニングで便秘解消できるということについて書いていきます。

ランニングで便秘が解消されるわけ

筋力のアップ 最も一般的な便秘である弛緩性便秘は、筋力不足を原因として 引き起こされます。 妊婦や高齢者といった運動不足の人に 便秘がちな人が多いのはこのためです。 走るという行為は足だけではなく、お腹周りの筋肉にも適度な 負荷が加わり、排便に必要な筋肉を鍛えることができます。 ★血流がよくなる 体中に張り巡らされている血管は、運動不足や冷えによって滞り やがて血流が悪くなります。 腸やお腹の筋肉に新しい酸素や栄養が行き渡らなければ 腸の移動がスムーズに進みません。 また血流が悪くなると、腸から便へ送られる水分量が低下し 硬い便ばかり蓄積されることになります。 しかしランニングによって腸や筋肉を刺激すると、体全体に 血液が巡り便の状態も改善されます。 ★自律神経の改善 便意が起こるのは、副交感神経が優位に立って、リラックした時に 起こると言われています。 ストレスやプレッシャーで常に交感神経ばかりが働くと、便意を なかなか感じにくくなったり、排便のリズムが狂い、便秘と下痢を 繰り返してまうこともあります。 ランニングで清々しさや爽快感を感じると、酸素が呼吸を通して体中に 行き渡り、交感神経と副交感神経のバランスが改善され自律神経が 整います。

便秘解消に有効なランニングの仕方

水分をこまめに補給する ランニングでは体温と代謝が上がるため、汗をかきやすくなりますし 体の中の水分も奪われます。 ほどよい硬さの便を出すためには、水分不足は絶対だめです。 我慢せずこまめに水分を摂取しながら走りましょう。 ★日中に走る ランニングは自律神経を整えると書きましたがそれは 日中に走った場合です。 自律神経には、主に昼間に働く交感神経と主に夜間に働く 副交感神経があります。 この両者がうまく切り替わることで、人間の体は健康な バランスが保たれています。 ところが夜間に激しい運動をすると、腸の働きをコントロールしている 副交感神経の働きが鈍ってしまいます。 人間の体は昼間に動き夜に休息するようにできています。便秘を 解消するためには夜ではなく朝にランニングをするようにすると 自律神経のバランスを最適化することに繋がります。 日光は体調や気分をリセットする働きがありますよ。 ★なるべく毎日続ける 思い立った時だけ走るというのではあまり効果が期待できません。 無理やり嫌々走るのはよくありませんがなるべく毎日走るように しましょう。

まとめ

今回は便秘解消にランニングが効くということに ついて書いてきましたがいかがだったでしょうか? ランニングは体の負担が大きいスポーツですので 体力に自信のない人はおすすめできません。 なので高齢者の場合はウォーキングの方がいいでしょう。 また痙攣性便秘や過敏性腸症候群の方も激しい運動は よくありませんのでウォーキングの方がいいでしょう。 日頃運動していない人が急にランニングを始めると 体を痛める可能性もありますのでウォーキングから 始めて慣れたらランニングをするのがいいと思います。

広告を非表示にする