読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

便秘で吹き出物ができる|原因と1つだけでいい対策

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20170111213742j:plain

便秘で肌荒れがひどい!

と悩んでいませんか?

・便秘で肌荒れが酷いです。今すぐ解消したいです。
・ひどい便秘で悩んでいます。
肌荒れもその原因の一つなのでしょうか。。
・肌荒れや便秘を改善したいです。

便秘で肌あれが起こると嫌ですよね。
問題なのは便秘のせいで肌の新陳代謝が
悪くなり、肌が荒れ放題になってしまう
ということなんです。

ということで今回は便秘で肌荒れが
起こる原因と対策について書いていきます。

この記事を読めば、便秘で肌荒れする
原因が分かり肌荒れを解消することが
できますよ。

便秘で肌荒れする原因

便秘が慢性化すると、腸内には常に便が
滞留している状態となります。

便とは元々、摂取した食事から必要な
栄養素を取り除いた後の老廃物です。

なので出来る限り早く体外に 排出するべきものです。

いつまでも体内に便が残っていても、
メリットは1つもありません。

長期的に便が体内に居座り続けることの
問題点としては、まず便の腐敗
発酵が進む
ことが挙げられます。

便が居座っていると善玉菌が減少し悪玉菌の
勢力が強くなってしまうため、有害物質やガスが
発生
してしまいます。

有害物質が増えてくると、身体はそれを
排出することで防衛しようとします。

しかし便が詰まっているため、出口は
塞がれています。

そこで有害物質は腸壁から吸収され
血液中に溶け出して全身へ巡ることとなるのです。

こうした体中へと行き届いた有害物質は
汗や皮脂などの形を借りて毛穴などから
体外へ放出されます。
お陰で有害物質を体内に溜め込まずに
済むというわけです。

ただし、肌細胞には元々お肌に溜まった
汚れや余分な水分を排出する機能があります。

有害物質の排出に手間を取られてしまうと
通常の肌細胞の働きだけではお肌の新陳代謝が
追いつかなくなってしまいます。

そのため汚れを取り除ききれず肌荒れの
原因となり、お肌の状態が悪くなって
しまうのです。

さらに、腸内環境の悪化は自律神経の
働きを弱めることにも繋がります。

自律神経は新陳代謝を司っている部分です。
この働きが弱まればそれだけお肌の
トラブルを起こしやすくなります。

免疫力も低下するため、荒れ始めた
肌を自然に整えるということも
困難になります。

自律神経は腸機能とも深く関わって
いますので、バランスが乱れると
排便のトラブルを招くことにも繋がります。

つまり、便秘も肌荒れもますます酷くなる
という悪循環に陥ってしまうのです。

便秘でできた吹き出物を抑えるには?

便秘でできた吹き出物は腸内環境が悪いことが
原因ですので腸内環境をよくすること
が1番です。

腸内環境が悪いということは悪玉菌が
腸内に蔓延している状態なので
善玉菌を取り入れて悪玉菌を減らすことが
てっとり早いです。

なので善玉菌のサプリや整腸剤を飲んで
善玉菌を身体の中に取り込むように
しましょう。

まとめ

便秘による肌荒れは便秘を改善する
ことが1番です。

腸内環境をよくするヨーグルト、納豆を食べて
自律神経も乱れていますので十分な
睡眠をとることなどを心がけましょう。

広告を非表示にする