便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

冬は便秘が悪化する?|冬の便秘対策に絶対やりたい3つのこと

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20170101181154j:plain

冬場は便秘が悪化する?

と悩んでいませんか?

・冬場は特に便秘しませんか?

便秘は冬になると悪化するんでしょうか?
問題なのは冬になると便秘じゃない
人でも便秘になりやすいようなんです

ということで今回は冬に便秘になりやすい
理由と冬の便秘の解消について書いていきます。

この記事を読めば冬の便秘を
解消することができますよ。

冬に便秘になりやすい理由

水分の摂取不足
冬は、寒いですから、どうしても水分の摂取量が
減ってしまいます。

そもそも、冬は喉の渇きが感じにくくなるため
あまり水分を欲しないということもあるでしょう。

冬は喉が渇きにくいし水分はいらない
と思うかもしれませんがそうではありません。

確かに冬は汗はあまりかきませんが、実はその代わりに
「尿」の量が多くなるのです。

また、冬は乾燥していることが多いため
知らず知らずのうちに大量の水分が皮膚などから
気化しています。
このように、冬は思った以上に水分を放出していますので
水分の摂取量が減ってしまうと、水分不足になりがちです。

体の水分が不足すると、便に含まれる水分量が減ってしまうため
排泄しにくい便になり、便秘になってしまうのです。

運動不足
寒くなると、どうしても屋内で過ごすことが多くなり
運動不足になりがちです。

寒くて外出するのがめんどくさくなって
しまいますもんね。

家にこもりがちになり運動量や外出による活動量が少なくなると
代謝量が少なくなり、腸の働きなども鈍くなってしまいます。

食欲も落ちてしまいます。すると、便の量が少なくなり
便秘につながっていきます。

腹筋など、筋肉も弱まってしまいますので
便を押し出す力も落ちてきます。

これらの相乗的な影響で便秘になってしまいます。
★体の冷え
寒くなると、体全体が冷えます。
すると、体温を逃さないために血管が収縮し 結果として、血行が悪くなります。

当然、腸への血流も減るので
腸の動きが鈍くなり、便秘に
なりやすくなるのです。

また、腸のはたらきが悪くなると 栄養分を十分に吸収できなくなります。

結果的に、全身に栄養分が
行き渡らなくなりますので
さらに体が冷える、という
悪循環も起こることになります。

自律神経の乱れ
自律神経には、交感神経と副交感神経の
2つがあります。

このうち、副交感神経が優位の状態では
体はリラックスし、腸の動きも活発になります。

ところが、人間の体は、冬になって
寒くなると、交感神経が優位になってしまいます。

これは、寒さに備えて、体温を逃がさないように
血管を収縮させるためです。

逆に言えば、寒くなると、体は緊張し
腸の動きが鈍くなります。

なので腸は便秘になりやすい状態に
なってしまうのです。

★寒さによるストレス
寒くなると、人間はそれだけでストレスを感じます。
自律神経に関わってくるのですが人間は
ストレスを感じると、交感神経が活発になります。

そうなると、腸も緊張状態になり腸のはたらきが 弱くなってしまうのです。

冬の便秘解消法

★意識的に水分補給をする
冬は水分不足になりがちなのは
前日したとおりです。

ですから、冬だからこそ、意識して
水分を積極的に摂るように心がけましょう。

体を冷やさないように、温かいものを
飲むのが効果的です。

体が温まることで、代謝も良くなりますし
気分もリラックスして、副交感神経も
高めることができます。

特に、朝起きてすぐの一杯の白湯は
腸を目覚めさせる上でもオススメです。

★適度に運動をする
冬になると必然的に運動量や代謝量も
減ってしまい、活動量が減ることによって
必然的に腸の動きも鈍くなりますので
適度な運動が大切です。

運動をすると、腸の蠕動運動が活発になったり
腸の善玉菌が増えることがわかっています。
適度な運動をこころがけましょう。

★体をあたためる
寒さが便秘の原因ですので体を温めることが
便秘解消につながります。

1番のおすすめは入浴です。
湯冷めしないように入浴しましょう。

やってはいけないこと

水分補給をしないこと
冬になるとトイレが近くなるからと
水分を摂らないとますます
便秘が悪化させてしまいます。

まとめ

冬は便秘になりやすい厄介な季節です。
体を冷やさず、水分補給をこまめに
行うようにしましょう。

広告を非表示にする