読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

漢方の便秘薬でも毎日飲むのは危険?|副作用がない薬なんてない

間違った便秘解消法

スポンサードリンク

f:id:snoopyok:20161226202247j:plain

漢方の便秘薬なら毎日飲んでも大丈夫?!

と思っていませんか?

・毎日、漢方タケダ便秘薬を飲んでいます。
漢方だから大丈夫?
・タケダの漢方便秘薬を使っています。
いくら漢方とはいえ、使いすぎはよくないのでしょうか?
・漢方便秘薬は毎日飲んでも体に負担はないですか?

漢方って聞くと副作用がないイメージがありますよね?!
なので便秘薬は副作用があるけど漢方の便秘薬なら
副作用がなさそうと思ってしまいますよね。

しかし、それは大きな間違いなんです。
というのは漢方だから副作用がないという
わけではないようなんです。

ということで今回は漢方便秘薬を毎日
飲むことが危険な理由とその対策について
書いていきたいと思います。

この記事を読めば漢方便秘薬の危険さが分かり
漢方便秘薬に頼らなくても便秘を解消
することができますよ。

漢方便秘薬を毎日飲むのが危険な理由

漢方の成分の中に例えばタケダ漢方便秘薬には
大黄=センノシドが含まれています。

これは、大腸に直接刺激して便を
出しやすくするものです。

つまり、大腸を無理やり刺激して便を出せば
薬に体が慣れて効き目が弱くなり
大腸がサボって働くのを嫌がります。

なので、大腸がサボり効き目が弱く感じる。
飲む量を増やす。大腸の動きが増えた量で慣れる。
薬の効き目が弱く感じる。

薬を飲まなければ便が出にくくなる
負のスパイラルにはまってしまいます。

また腸への過剰な刺激やけいれんを起こすため
過敏性腸症候群を引き起こす可能性があります。

具体的には、下腹部の痛みや、連用により
薬が効きにくくなってどんどん薬を増やして しまったりなどです。

後、連用で腸の粘膜が色素沈着を起こして
真っ黒になってしまう、メラノージスコリの
可能性もあります。

メラノージスコリで腸の神経が障害を受けるという
報告もありますがはっきりした事はよくわかっていません。

とにかく、長期の連用はよくありません。

漢方を飲まずに便秘を解決する方法

便秘薬を飲まずに便秘を解消するなら
ヨーグルトです。

ヨーグルトなら知ってると思いますが
大事なのは食べ方です。

食べ方は晩御飯後に200gの無糖ヨーグルトを
はちみつをかけて食べるだけです。

太りそうだと思いましたが
これだけでは太りませんし

便秘の私管理人がこの方法で便秘が
改善されつつあります。

やってはいけないこと

漢方便秘薬を止めたら便が出ないからと
また便秘薬を飲むこと。
また、飲んでしまうと飲まずには
いれなくなり止めれなくなります。

まとめ

漢方の便秘薬といっても下剤と使われている
成分は変わりません。

なので副作用が大きいです。
漢方の便秘薬も飲んでは絶対にいけません。