読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

ビフィズス菌・乳酸菌・オリゴ糖とは?|3つを一緒に摂るのが1番便秘に効く!

栄養素

乳酸菌とビフィズス菌どちらが便秘に効くの?

と疑問に思っていませんか?

ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖
便秘に一番効果があるのではどれですか?

・便秘に効くのは乳酸菌?ビフィズス菌
ヨーグルトにはどっちが入ってるの?

ビフィズス菌と乳酸菌違いがよくわかりませんよね。
どちらもヨーグルトに入ってるイメージですよね。

問題なのは乳酸菌とビフィズス菌は働く
ということなんです。

ということで今回はオリゴ糖、乳酸菌とビフィズス菌
についてとその役割について書いていきます。

乳酸菌とビフィズス菌について

ビフィズス菌の働き
ビフィズス菌は乳酸以外に強い酢酸を作りだします。
酢酸は強い殺菌作用があるのでこの酢酸には腸内の
phを下げ悪玉菌の増殖を抑えます。

ビフィズス菌は酢酸だけでなく乳酸も生産することが
できるのですが、この酢酸と乳酸は腸のぜんどう運動を
促す働きを持っています。

そのため、ビフィズス菌が正常に腸内にあると、便の排出を
促してくれるのです。

乳酸菌の働き
乳酸菌は乳酸を作りだし腸内を弱酸性に保ちます。
これが悪玉菌にとって非常に困ることで、悪玉菌は
酸性環境では生息しにくいのです。

乳酸菌は、ビフィズス菌が生息しやすい場所を
作り出してくれる大事な役割を担っています。

つまり腸内環境をサポートする大事な脇役ということ。
乳酸菌が不足してしまえば、それに連動してビフィズス菌
生息しづらくなり、結果的に悪玉菌優位の状態に
なってしまいます。

オリゴ糖の働き
オリゴ糖ですが、これは単純に大腸内でビフィズス菌
エサとなってビフィズス菌などの善玉菌を元気にする
働きがあります。

便秘解消には小腸の働きが大事?

ビフィズス菌は大腸の粘膜で善玉菌として働いていますが
乳酸菌はその手前の小腸の粘膜で善玉菌として働いています。

大腸と小腸と働く場所が違いますのでビフィズス菌と乳酸菌は
関係がなさそうですが実は密接な関係があります。

腸の病気では大腸の病気とかはよくありますが
小腸の粘膜に炎症が起きれば正常な血液が
作れなくなったりしますので大腸の環境が
悪化する事はその手前にある小腸の環境が
悪いことが大きくかかわっているのです。



大腸の環境を良くしようと思ったら、その手前の小腸の環境を
良くしなければならないということです。

しかし、小腸を元気にするために外部から乳酸菌を摂っても
3日から4日程度しか腸内に留まることができませんし

相性が良い乳酸菌でも2週間程度しか留まってはいられません。
ですから、小腸内の環境をよくするためには、乳酸菌を継続して
摂り続ける必要があるのです。



乳酸菌を摂り続けるにはどうしたらいいか?
まず、一番簡単な方法は乳酸菌サプリメント
摂取する方法です。

しかし、先程も言ったように外部から摂った
乳酸菌は3日から4日で体外に排出されてしまいます。

ですから、一番大事な事は小腸内の常在菌を増やすための
良いエサを与えると言う事になります!

そのためには、日頃から食事に気を付けるという基本的な
ことが大事になってきます。

バランスの良い食事とは、基本的には穀物をしっかり
食べるのが良いと言われています。

穀物と言ってもご飯だけではなく、豆類やイモ類
カボチャなどの穀物全体を種類多く食べる事が大切です。

あとは、発酵食品を種類多く食べたり、野菜、海藻類
根菜類加えて小魚なども一緒に食べるとカルシウムも
摂れてオススメです。

そんなバランスの良い食事に加えて、乳酸菌生産物質を
一緒に摂る事がオススメです。

乳酸菌生産物質は、「乳酸菌代謝産物」とも言われ、主に
ビフィズス菌や乳酸菌等によって作られており、腸内環境を
正常に保ち、免疫などにも影響をあたえながら、私たちの
健康を守っています。

やってはいけないこと

お肉などの動物性たんぱく質をたくさん摂ること。
動物性蛋白質は悪玉菌を増やすことになりますので
便秘を悪化させるのでよくありません。

まとめ

ビフィズス菌と乳酸菌オリゴ糖は別々に摂るより
すべてを一緒に摂る方が便秘解消になります。

この3つをバランスよく摂って便秘を解消しましょう。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる?|腸が黒くなると病気の原因になる?

便秘と病気

f:id:snoopyok:20170211154548j:plain

便秘薬を飲みすぎると腸は黒くなるの?

と悩んでいませんか?

・便秘薬は腸が黒くなると聞きますが
服用を止めたら元のきれいな腸に戻りますか?


・便秘薬で黒くなった腸は再び綺麗になりますか?

便秘薬を飲むと腸が黒くなるなんて
びっくりですよね。

問題なのは黒くなってしまった腸は
腸内環境が悪化しているので様々な
病気のリスクを高めてしまうということなんです。

ということで今回は便秘薬を飲みすぎると
腸が黒くなる理由と治し方について
書いていきたいと思います。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる理由

市販の便秘薬の大半を占める「大腸刺激性下剤」
ダイオウ、センナ、アロエなどの成分の下剤)


の常用によって、大腸が色素沈着を起こして
真っ黒に変色している状態を
「大腸メラノーシス」と言います。

刺激性下剤は腸に無理やりぜん動運動
させる薬です。

腸も自分のペースで動きたいのに薬で
無理やり動かされているので
疲れてしまうんです。

腸に限らず内臓はすべてそうですが
働かされすぎると疲労して機能を
低下させます。

特に腸はキツイ成分で激しく動かされるので
続けていると腸の機能を保つ神経系まで
疲労します。

こうなってしまうと腸は便秘薬なしでは
動かなくなります。

この負のループで飲む量を増やさないと
出なくなってきます。

便秘薬を飲まないと出ないので便秘薬を
飲むことを止めることはできません。

こうしてずっと使い続けていると腸の
キャパを超えて色素沈着を起こします。
これが大腸メラノーシスになる仕組みです。

大腸メラノーシスの危険性

大腸メラノーシスの症状そのものがポリープや
大腸がんなどを引き起こすという、科学的な
証明は取れていません。

医師や学会の間でも結論が出ていないのが現状です。
しかし、大腸メラノーシスをおこしている腸は
アントラキノン系下剤の刺激によって機能が低下しています。

大腸メラノーシスは腸の健康が保てていないことの
証明でもあり、腸内環境の悪化が様々な病気の
リスクを高めると考えられています。

大腸メラノーシスになったからといってすぐに
大きな病気になるとは言えませんが、長い目で
見て良いことはないのはあきらかです。

大腸メラノーシスを治すには

大腸メラノーシスは「アントラキノン系下剤に
よる可逆的な色素沈着」です。

つまり、アントラキノン系下剤の常用を
やめれば、数ヶ月から1年ほどで改善します。

毎日下剤を飲まないと排泄ができないほどの
深刻な下剤依存になっている場合、自己判断で
急な断薬を行うことはかえって危険です。

専門医の指示のもと、食事療法や運動療法
組み合わせて生活環境を改善し、徐々に
治していくようにしましょう。

やってはいけないこと

大腸メラノーシスの危険性が分ってないからと
便秘薬を飲み続けること。

便秘薬を飲み続けると鬱や不整脈などの
病気を引き起こしてしまいます。

まとめ

大腸メラノーシスは大きな病気になると
いうわけではありませんが、便秘薬を
飲み続けると効かなくなり大変なことに
なりますので便秘薬を飲み続けるのは止めましょう。

下剤依存症から抜け出す方法は?|1番確実なのは〇〇に行くこと

便秘について

f:id:snoopyok:20170211124216j:plain

下剤依存から抜け出したい!

と悩んでいませんか?


・下剤依存から抜け出すには?
・下剤に頼らなければいけない状態から
抜け出す方法は?

下剤を一旦飲んでしまうと止められなく
なってしまいますよね。

問題なのは下剤を飲み続けると
下剤が効かなくなり、腸が働かなくなり
低血圧・倦怠感・不整脈・鬱になってしまう
いうことなんです。

ということで今回は下剤依存についてと
その対策について書いていきたいと思います。

下剤依存症とは?

便秘薬や下剤のほとんどは、大腸を刺激して
排出させるタイプの薬です。

また、浣腸も同じで刺激の強い薬です。
このような刺激系の薬は体が慣れてしまったり
腸粘膜の炎症を引き起こす原因になります。

また、薬の刺激に慣れてしまった腸は
正常な動きを忘れ、動きの悪い状況を
作り出すことになり、ますます腸内環境を
悪化させるという悪循環に陥ります。

この負のスパイラルに陥ると
便秘薬や下剤・浣腸を使わないと
便が出ないという依存状態となり
いよいよ薬から抜け出せなくなるというわけです。

下剤依存症から抜け出す方法~軽い場合~

食事内容や生活習慣を見直す
下剤依存症には段階がありますが、
「下剤なしだと便意を感じにくくなった」程度の
軽度依存の場合は、見直しで改善する
可能性があります。

おすすめの方法は下記になります。
①オリーブオイルを大さじ2杯飲む
②無糖ヨーグルトを1日200g食べる

①は朝に摂るようにして②は晩御飯中か
晩御飯の後に食べるようにしましょう。

下剤依存症から抜け出す方法~重症な場合~
病院へ行く
下剤なしで便意を感じることはなく、下剤なしの自然排便が
皆無となった場合は、重度と言えます。

所定用量以上に飲まないと効かない、1年以上継続して
使用しているなどのケースが当てはまります。

こうなってしまうと、自力での改善は難しく
医師の指導のもと、効果的な薬と食事・運動療法などを
組み合わせたプログラムを組んで治療する必要があります。

治療期間は人によりますが、1~2年かけての治療が一般的です。
焦らずじっくりと取り組むようにしてください。

便秘の治療は、肛門科や胃腸内科、消化器内科でできます。
また、最近では便秘外来もあります。長年便秘で
苦しんでいる方、ひどい便秘の方は、専門家がいる
便秘外来を受診する方がいいでしょう。

下剤依存症に陥ってしまったら、自然に治ることは
ありません。専門家にアドバイスを仰ぐなど、一刻も
早く対処するようにしてください。

やってはいけないこと

下剤依存ということを認めず飲み続けること。
最悪の場合大腸がんとなり死亡するケースも
ありますので下剤依存に当てはまる場合は
必ず病院へいきましょう、

まとめ

下剤依存になると簡単に治すことはできません。
手遅れになる前に病院へ行きましょう。