読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘が何をしても治らない|すごい便秘解消法を紹介します

便秘が何をしても治らないあなたにおすすめのすごい便秘解消法と便秘について書いていきます。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる?|腸が黒くなると病気の原因になる?

f:id:snoopyok:20170211154548j:plain

便秘薬を飲みすぎると腸は黒くなるの?

と悩んでいませんか?

・便秘薬は腸が黒くなると聞きますが
服用を止めたら元のきれいな腸に戻りますか?


・便秘薬で黒くなった腸は再び綺麗になりますか?

便秘薬を飲むと腸が黒くなるなんて
びっくりですよね。

問題なのは黒くなってしまった腸は
腸内環境が悪化しているので様々な
病気のリスクを高めてしまうということなんです。

ということで今回は便秘薬を飲みすぎると
腸が黒くなる理由と治し方について
書いていきたいと思います。

便秘薬を飲みすぎると腸が黒くなる理由

市販の便秘薬の大半を占める「大腸刺激性下剤」
ダイオウ、センナ、アロエなどの成分の下剤)


の常用によって、大腸が色素沈着を起こして
真っ黒に変色している状態を
「大腸メラノーシス」と言います。

刺激性下剤は腸に無理やりぜん動運動
させる薬です。

腸も自分のペースで動きたいのに薬で
無理やり動かされているので
疲れてしまうんです。

腸に限らず内臓はすべてそうですが
働かされすぎると疲労して機能を
低下させます。

特に腸はキツイ成分で激しく動かされるので
続けていると腸の機能を保つ神経系まで
疲労します。

こうなってしまうと腸は便秘薬なしでは
動かなくなります。

この負のループで飲む量を増やさないと
出なくなってきます。

便秘薬を飲まないと出ないので便秘薬を
飲むことを止めることはできません。

こうしてずっと使い続けていると腸の
キャパを超えて色素沈着を起こします。
これが大腸メラノーシスになる仕組みです。

大腸メラノーシスの危険性

大腸メラノーシスの症状そのものがポリープや
大腸がんなどを引き起こすという、科学的な
証明は取れていません。

医師や学会の間でも結論が出ていないのが現状です。
しかし、大腸メラノーシスをおこしている腸は
アントラキノン系下剤の刺激によって機能が低下しています。

大腸メラノーシスは腸の健康が保てていないことの
証明でもあり、腸内環境の悪化が様々な病気の
リスクを高めると考えられています。

大腸メラノーシスになったからといってすぐに
大きな病気になるとは言えませんが、長い目で
見て良いことはないのはあきらかです。

大腸メラノーシスを治すには

大腸メラノーシスは「アントラキノン系下剤に
よる可逆的な色素沈着」です。

つまり、アントラキノン系下剤の常用を
やめれば、数ヶ月から1年ほどで改善します。

毎日下剤を飲まないと排泄ができないほどの
深刻な下剤依存になっている場合、自己判断で
急な断薬を行うことはかえって危険です。

専門医の指示のもと、食事療法や運動療法
組み合わせて生活環境を改善し、徐々に
治していくようにしましょう。

やってはいけないこと

大腸メラノーシスの危険性が分ってないからと
便秘薬を飲み続けること。

便秘薬を飲み続けると鬱や不整脈などの
病気を引き起こしてしまいます。

まとめ

大腸メラノーシスは大きな病気になると
いうわけではありませんが、便秘薬を
飲み続けると効かなくなり大変なことに
なりますので便秘薬を飲み続けるのは止めましょう。


下剤依存症から抜け出す方法は?|1番確実なのは〇〇に行くこと

f:id:snoopyok:20170211124216j:plain

下剤依存から抜け出したい!

と悩んでいませんか?


・下剤依存から抜け出すには?
・下剤に頼らなければいけない状態から
抜け出す方法は?

下剤を一旦飲んでしまうと止められなく
なってしまいますよね。

問題なのは下剤を飲み続けると
下剤が効かなくなり、腸が働かなくなり
低血圧・倦怠感・不整脈・鬱になってしまう
いうことなんです。

ということで今回は下剤依存についてと
その対策について書いていきたいと思います。

下剤依存症とは?

便秘薬や下剤のほとんどは、大腸を刺激して
排出させるタイプの薬です。

また、浣腸も同じで刺激の強い薬です。
このような刺激系の薬は体が慣れてしまったり
腸粘膜の炎症を引き起こす原因になります。

また、薬の刺激に慣れてしまった腸は
正常な動きを忘れ、動きの悪い状況を
作り出すことになり、ますます腸内環境を
悪化させるという悪循環に陥ります。

この負のスパイラルに陥ると
便秘薬や下剤・浣腸を使わないと
便が出ないという依存状態となり
いよいよ薬から抜け出せなくなるというわけです。

下剤依存症から抜け出す方法~軽い場合~

食事内容や生活習慣を見直す
下剤依存症には段階がありますが、
「下剤なしだと便意を感じにくくなった」程度の
軽度依存の場合は、見直しで改善する
可能性があります。

おすすめの方法は下記になります。
①オリーブオイルを大さじ2杯飲む
②無糖ヨーグルトを1日200g食べる

①は朝に摂るようにして②は晩御飯中か
晩御飯の後に食べるようにしましょう。

下剤依存症から抜け出す方法~重症な場合~
病院へ行く
下剤なしで便意を感じることはなく、下剤なしの自然排便が
皆無となった場合は、重度と言えます。

所定用量以上に飲まないと効かない、1年以上継続して
使用しているなどのケースが当てはまります。

こうなってしまうと、自力での改善は難しく
医師の指導のもと、効果的な薬と食事・運動療法などを
組み合わせたプログラムを組んで治療する必要があります。

治療期間は人によりますが、1~2年かけての治療が一般的です。
焦らずじっくりと取り組むようにしてください。

便秘の治療は、肛門科や胃腸内科、消化器内科でできます。
また、最近では便秘外来もあります。長年便秘で
苦しんでいる方、ひどい便秘の方は、専門家がいる
便秘外来を受診する方がいいでしょう。

下剤依存症に陥ってしまったら、自然に治ることは
ありません。専門家にアドバイスを仰ぐなど、一刻も
早く対処するようにしてください。

やってはいけないこと

下剤依存ということを認めず飲み続けること。
最悪の場合大腸がんとなり死亡するケースも
ありますので下剤依存に当てはまる場合は
必ず病院へいきましょう、

まとめ

下剤依存になると簡単に治すことはできません。
手遅れになる前に病院へ行きましょう。


便秘で入院するの?|便が〇週間出てなかったら入院させられる

f:id:snoopyok:20170211014805j:plain

便秘で入院なんてあるの?

と思っていませんか?

・便秘で入院することは、あるのですか?
・便秘で入院してどんな検査をするのか

便秘で入院なんてびっくりですよね。

しかし、問題なのは便秘をほっておくと
最悪死亡するケースがあるので入院する
ということなんです。

ということで今回は便秘で入院するケースと
行われる治療について書いていきます。

便秘で入院するケース

便秘で入院するケースは下記の3つの場合
になります。

2週間便秘であること
2週間以上も便が出ていない場合に病院を
受診するとほとんどが入院するケースとなります。

安全のためにできるだけ1週間以内には病院を
受診するようにしましょう。

症状によっては日数関係なく入院することに
なるので早めに病院に行くのに限ります。

2週間便秘が続く原因には下記のことが
考えられます。

イレウス(腸閉そく)
イレウスはお腹に激痛を伴います。便が大腸から
逆流してきて、胃や、喉をとおって口から
出てくる病気です。

なぜ、便が逆流するのでしょうか?それは、大腸の
出口部分がねじれたり、閉じてしまっているために
便がまともに排泄できなくなっているからです。

イレウスになると、便に含まれるウイルスなどで感染症
恐れがあります。

なぜ、便が逆流するのかというとそれは、大腸の出口部分が
ねじれたり、閉じてしまっているために便がまともに
排泄できなくなっているからです。

イレウスになると、便に含まれるウイルスなどで
感染症の恐れがあります。

虚血性大腸炎
虚血性大腸炎は、腸が壊死してしまう病気です。
長期間便がつまっていると、その部分がパンパンに
圧迫されて血のめぐりが悪くなり、組織細胞が <
br>死んでしまいます。

あまりに長く便秘が続く人の中には虚血性大腸炎
起こる人もかなりいるようです。

虚血性大腸炎になるとこれも、イレウスと同じように
突然激しい腹痛に襲われて、もだえ苦しみます。

下剤依存症
下剤を大量に服用すると、下剤なしでは
排便できない「下剤依存症」になってしまいます。

こういった下剤依存症を患うと、下剤に頼らない自然な
排便を促すためのリハビリが必要ですので
病院で入院することもあります。

特に多いのが女性によるダイエット目的による
下剤の使用で自然な排便が困難になってしまう
というケースです。

ダイエット目的に下剤を服用している場合には
精神的な疾患もあることが多く
メンタル面でのリハビリも必要ですから
入院しながらカウンセリングも受けていく形になります。

入院したらどんな治療が始まるのか?し

便秘で入院した時の治療は下記のようになります。


・問診
・腹部触診
・下剤処方
・腹部レントゲン(酷い場合)
・エコー検査
・浣腸
・てき便
・外科手術(緊急時)

レントゲン写真では、便が詰まっているのが白色、
または灰色になって映ります。

医師はその画像を見て、どれくらいの量の便が
腸の中に詰まっているのかを確かめます。

ときには肛門から指を突っ込まれて便を
かきだされることもあります。これをてき便といいます。

さらに酷い場合は手術を行うこともあります。便秘で
手術なんて嫌な話ですが、岩石ばりのかちんこちん
ウンチがつまっていて、浣腸や下剤処方ではどうしようも
ない場合には手術となります。

入院中は、便がいつどれくらいの量でたのか、臭いや形は
どうなのかといった排泄記録をきちんと取って
グラフなどに記入します。

また下剤処方によって体調管理をします。
病院食で栄養バランスや食物繊維をコントロール
整腸剤で胃腸を整えます。

便秘が劇的に治るような特別の治療法などはなく
自宅で行うのと同じ程度の管理です。

また便秘による入院期間は、人によりますが
たいてい1~2週間となります。

それでも、入院しておけば常に看護師や医師が そばにいてくれるので、何かあった時にとても安心です。

便秘で入院するとなるとなんとも不名誉な理由ですが
きちんと治したい方にはおすすめです。

入院中に、正しい便秘改善の習慣がつくことが
一番のメリットです。

やってはいけないこと

たかが便秘だからと1週間便が出てないのに
病院へ行かないこと。

最悪の場合死亡するケースもありますので
1週間以上便が出ない場合は必ず病院へ
行きましょう。

まとめ

便秘で入院するなんて恥ずかしいことですが
そこまで便秘を悪化させないよう
日頃から便秘解消する対策を
きちんとするようにしましょう。